2017年12月24日

●キーワード2017

 今年のアート・建築・街関連を三つのキーワードで振り返ってみます。(過去ログはこちら)
 今年後半は、マラソントレーニングと試験勉強と転職活動と海外旅行が重なりました。その過程で、自身の思考、行動、能力、将来と濃密に向かい合いました。

■実物を観る楽しみ
ミュシャ展@国立新美術館
 スラブ叙事詩の巨大さと美しさ。

ブリューゲル「バベルの塔」展@東京都美術館
 「バベルの塔」の画面が、思ったよりもずっと美しかった。

特別展「快慶」@奈良国立博物館+特別展「運慶」@東京国立博物館
 慶派を代表する2大仏師の展覧会。信仰をたどる快慶展、夜店を練り歩くような運慶展。

レオナルド・ダ・ヴィンチ×ミケランジェロ展@三菱一号館美術館
 まさか、ダ・ヴィンチ素描の代表作を日本で観られるとは。

■体験する楽しみ
絵巻マニア列伝@サントリー美術館
 絵巻収集者の視点からたどる構成が、現代的で面白い。

奈良美智 for better or worse @豊田市美術館
 作家の全面協力による渾身の展示と、ミスターパーフェクトの建築空間が融合した、傑作展。今年のマイベスト展覧会。

安藤忠雄展@国立新美術館
 建築を楽しんでもらおうと、現代建築の巨匠がサービス精神全開で取り組む。光の教会の原寸再現、建築家自身が語る音声ガイド、サイン入りポストカード付の格安図録。マイベストは住吉の長屋の図面。

国宝展@京都国立博物館+末法展@細見美術館
 大混雑で観客を見てるような国宝展と、謎めいたコレクション展を装った企画展。同じような情報を繰り返し垂れ流すメディアの在りようを上手く捉えていた。

レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館
 参加型展示の傑作。遊園地のアトラクションとどう線引きをするのだろう。

STAR WARS The Last Jedi with MX4D
 完璧に練り込まれたプロットが提示する、新旧伝説の終わりと始まり。座席の動きと霧等の効果で臨場感を盛り上げるMX4Dテクノロジー。長丁場を全く飽きさせない、最高のエンターテイメント体験。

■考える楽しみ
 一見情報が豊富なようでいて、実際には似た様な情報ばかりが目に触れるような状態にあると思われる時に、自分はどう行動するのか。価値を自身で定義することで、一層楽しむことができるのではないかと考える年でした。

Posted by mizdesign at 19:49 | Category : a3.6 アート キーワード | Comments [0] | Trackbacks [0]

●2017年12月の鑑賞記録

 12/1-2
 Dogo Onsen Main Building, one of the oldest hotspring spot in Japan.

 12/21
STAR WARS The Last Jedi with MX4D !
 The story plot is perfectly composed as the intersection of old and new saga. And the Moving Effects of MX4D ! Their combination take us to the truely Fantastic Experience !

 12/22
 marimekko spirit exhitbition@gallery A4
 Power of Color, Pattern, and Design. Plus, Spacial Configuration of sauna and tea house.

Posted by mizdesign at 17:51 | Category : a3.5 アート 鑑賞記録 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2017年12月10日

●読書メモ 「日本建築集中講義」藤森照信×山口晃 淡交社

 近代建築史家かつ現代建築家と、現代日本画家の共著による、日本建築案内。高い専門知識+能力と、非常にユニークな視点が魅力。実見はほどほどに、スタスタと通り過ぎて、見学後に画伯が先生に感想を伺いつつスケッチにまとめる。このやり取りがとても面白い。

 第一回 法隆寺。揺るぎない美しさと回廊効果。エンタシスの嘘。何度も観たけれども、なるほどと思うことしきり。

 第二回 日吉大社。湿気の多さゆえ、安土桃山の美もしっとり。穴太の石組み。今度行ってみよう。

 第三回 旧岩崎家住宅。ゼネコン・コンドル組もうかる。ニスは失敗。洋館は造形がうるさい。色々やりたかったコンドル先生。趣味のベランダ。九間の広間。以前に行ったときは「さすが三井財閥のお屋敷」と思うだけだったけれども、再訪してみたくなった。

 第四回 投入堂。額みたいな岩、下から生えたような柱、ちょっと凹んで、軒がピュッとなる。平安の美。建物自体完全に木だか石だかわかんない。一度行かねば。

 第五回 聴竹居。モダン建築に和風を取り込んだ最初の建築。だけど辟易。窓枠の面取り。立体幾何学の下地に、複雑かつ几帳面なミニマリズム。観たい。

 第六回 待庵。400年もつバラック。戦場で「囲い」という茶室を造る伝統。開口部を閉めると空間が広がる。がんばって予約して、大山崎行かないと!

 第七回 修学院離宮。平安王朝文化の復活、浄土式庭園。斜め対座軸の書院。なるほど。そうだ、修学院行こう。

 第八回 旧閑谷学校。磨き上げ、漆を塗った「床」効果。土木的力強さの配置、丸まった塀。寝殿造平面の講堂。国籍不明の花頭窓の向こうに白い障子。そうだ、旧閑谷学校行こう。

 第九回 箱木千年家。日本民家の原型、室町時代頃の建築。日本建築史は宗教建築と住宅建築の二本立て。民家=無意識の領域で造られた建築。竪穴式住居の習慣。低い軒、柱のない土壁。集めるのが大変だけど茅葺、茅しかなかったから。そういうもんだ。復元とは?民家が残ってるとは知りませんでした。行かねば。

 第十回 角屋。仕上げと凝りように莫大な手間とお金。土壁に螺鈿!揚屋。青貝の間にてっぺんハジケた花頭窓。外観の町家造り、屋内の武家風造り、インテリアが全然関係ない。建築のインテリアの究極は布化する。書院造→数寄屋。ロマネスク→ゴシック→晩期ゴシック。装飾性を突き詰めると、薄く細く布化。華奢で繊細で、貴婦人のレースの下着。日本の料亭は角屋サバイバル。網代天井、仕切襖。究極の装飾、行かねば!

 第十一回 松本城。関ケ原の合戦以前に造られた、実用に徹した城。5層6階建て。城は日本建築史に突然現れる。先駆けは安土城。構想の基は西欧の教会という説も。城が実用に供されることは極めて少ない。城攻めは兵糧攻めか水攻め。使うときは最期。大砲が発達して、出城は無用の長物に。近代都市は戦争の対象外に。それ以前の都市は、日本なら城下町、ヨーロッパなら城壁で守ろうとした。機会があれば観てみよう。

 第十二回 三渓園。数寄屋の宝庫という点では「東の桂離宮」。数寄屋は外を眺めるための建物。庭とセット。臨春閣は王朝風数寄屋。聴秋閣は「書院のオモチャ」みたいな数寄屋化した書院。ちっちゃくてカワイイ。襖絵は全て精巧な複製。春に観たけれども、また観たくなる。お二人の名調子に、読んでる方まで楽しくなる。

 補講 西本願寺。現存日本最古の能舞台、豪華さの美学二つの書院、薄くて軽い飛雲閣。日本建築のエッセンスが詰まった場所。寝殿造は屋内でキャンプ。書院造は住むために障子・襖をはめて、天井を張って、畳を敷く。さらに床の間 (床と付書院と違棚の三点セット)。その書院造がもっとも豪快に花開いたのが安土桃山時代。聚楽第でピークに達して、二条城や西本願寺につながる。白書院は照明が全て雪洞。その高さのおかけで、金箔が活きている。上から照らすと暗く沈むが、横から照らすと光が反射して金箔部分が明るくなって、絵にすぅーっと奥行きが出る。障壁画と建築が共存。柱とか長押とか建築の基本を明らかにしたうえで、邪魔しないように絶妙に描く。能舞台の奥の松の消えっぷり。聖なる性格を感じさせる曲がった欄干。10年前に縁あって観たけれでも、やはりまた観たい!

Posted by mizdesign at 14:21 | Category : b01 本・映画 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2017年12月03日

●第12回 湘南国際マラソン

syonan_20171203-05.jpg
 12月の第1日曜日、第12回湘南国際マラソンを走りました。今回は奮発して、大磯プリンスホテルに前泊。スタート&ゴール会場は本当に目の前。見事な快晴。

syonan_20171203-01.jpg
 朝5時半起床、6時にモーニングビュッフェ。8時30分に会場目指して出発。既に長い列が形成されており、出遅れた感ありあり。急いでスタートブロックを目指す。途中、いきなり富士山が頭を出していて、その大きさに驚く。

syonan_20171203-02.jpg
 9時号砲。2分13秒でスタートラインを通過。青空の下、右手に湘南の海を見ながらの走りは本当に気持ちが良い。途中から松並木の陰に入り、日陰の中を走る区間が長いので、手袋は着けたまま走る。汗をかくので給水はなるべく採る。

 フォームは胸を張りつつお腹に力を入れて少し引き、腕は小さくたたんで肩を後ろに小さく引く感じ。シューズも慣れてきたのか、先週よりも楽に走れるように感じる。

 10㎞のスプリットが47分32秒だったので、ちょっと遅すぎとペースを上げる。ほどなく3時間30分のペースランナーを抜いたので、やはりスタート出遅れたなと実感。今回は追い抜き走。

 平均4分30秒台を意識しつつペースを調整。目標は4分20分台前半。第一折返し点を過ぎると、途中何度か富士山が正面に見えて、とても印象的。レース全体はとても静かな感じで、淡々と進む。

 32kmを超えたあたりで抜かれ始め、ペースが落ち始める。あとはひたすら足を動かしてゴールを目指す。3時間27分58秒でゴール!

syonan_20171203-04.jpg
測定地点 スプリット ラップ
Start 00:02:13
10km 00:48:58 0:46:45
20km 01:34:21 0:45:23
30km 02:21:25 0:47:04
40km 03:16:00 0:54:35
Finish 03:27:58 0:11:58

syonan_20171203-03.jpg
 中盤はなかなか粘ったけれでも、その分終盤の失速が大きくなって、結局は先週のつくばマラソンから少し早くなっただけ。2週続けてのフルマラソンにしては頑張ったという感じ。快晴と、富士山の眺望が素晴らしい大会でした。

 湘南国際マラソンは運営がとてもしっかりしており、ボランティアの方たちの働きが本当に素晴らしい。感謝の気持ちでいっぱいです。

Posted by mizdesign at 21:59 | Category : b03 マラソン | Comments [0] | Trackbacks [0]

2017年11月30日

●2017年11月の鑑賞記録

 11/3
上原コレクション名品選@上原美術館
 上原仏教美術館と上原近代美術館。二つの美術館が一つになり、上原美術館が誕生。最大の見どころは、柔らかな光の膜に包まれたホワイエを過ぎて、展示室に至る一連の空間体験。正面に露出展示、その両翼に二重に拡散された光が満ちる展示ケース。
 
 仏教館
 空間リニューアルを手がけた尾崎氏が描いたホワイエと展示室のスケッチ。ホワイエの光天井、展示室の正面露出展示と両翼の二重光拡散展示ケースのイメージ。運営側が用意した必要空間条件に空間イメージが重なり、今回の空間づくりが始まった。
 ホワイエ。いくら目を凝らしても判別することができない、完璧な拡散光で満ちる巨大な折上天井。その光で満たされた室内は、どこまでも光が回り込み、明るい。人工の光環境とは信じられない。
 回廊。目的地へと空間をつなぐ通路は、構成はシンプルに、床面は大胆に。アカシア材の木目が大きくうねり、浸透性ワックスを塗った仕上げが、柔らかな静謐性をもたらす。空間演出として、とても成功している。
 そして、展示室へと至る。正面の露出展示と相対し、左右に目を向けると、明るいベージュで背面と下面を、濃いダークグレーで両側面を抑えた展示ケース。二重に拡散されたLED照明光が回り込み、明確な影のない空間。仏像照明の一つの回答と思える。

 近代館
 こちらは西洋絵画の個人コレクション。邸宅で寛ぎながら、絵画を鑑賞する醍醐味。ゴッホ、ピカソ、マティス、モネ。どれもこれもがマスターワーク。シンプルに素材を選択し、最善の構成を導き出す設計アプローチが素晴らしい。
 近代館ラウンジ。個人邸宅のリビングをイメージしたであろう空間の右手には伊豆の絶景が広がる。まさに完璧な設計。唯一の欠点は、最寄りの鉄道駅から車で15分離れた立地で、来客が寛ぐカフェが全くないこと。これは空間の成り立ちにも関係がある。

 右手が仏教館増築部、真ん中が仏教館既設部、左手が近代館。これらに相対して寺があり、節分時に豆まきイベントを行う広場的スペースを囲む立地。なんと、これまで仏教館と近代館は別法人運営だったため、相互間に柵とゲートで仕切られていた。それが今回のリニューアルを機に一つに統一され、入館料も一本化。副題の通り、ー印象派の絵画から平安の仏像、写経までーを鑑賞できる空間が誕生した。滞在時間が伸びることで、鑑賞者のお腹のケアをどうするか?次の課題はこの点に尽きる。

 11/4
ブレードランナー2049
 巨大なゲイシャ映像の前を飛ぶスピナー、エッチングワークの極致のようなタイレル社本社、フレアの炎上、酸の雨。強烈な退廃未来像を提示した前作から35年経って、続編が公開されるとは嬉しい驚き。前作はリアルタイムでは観ていない。劇場で観たのはディレクターズカット版が初めて。インターナショナル版のTV放送はその前に観ていたけれども、特撮面の強烈なビジュアルインパクトばかりが印象に残って、ストーリーは地味だし、結末はよく分からなかった。
 今回はストーリーが分かり易く、デッカードの物語を完結させつつ、ブレードランナー自体の世界観を拡張する構成も上手くできていた。ストーリーの地味さも違和感ない。前作と今作をつなぐ3本の短編もとてもよく出来ていて、前作ファンへのサービスは満点。
 集客は残念ながら噂通りの大苦戦。渋味を増した世界観と、地味かつ続編ストーリーで、新規層を呼び込むのは難しそう。前作リスペクトが強く、前作から35年経った実世界変化の反映が弱いため、現代の延長上(に思える)未来というインパクトが弱いと感じました。

 11/5
古代アンデス文明展@国立科学博物館
 5回に渡って開催されてきた古代アンデス文明展の集大成、9文明をダイジェストで紹介する。ユーモアたっぷりに見える造形から感じられる、生と死の境界の曖昧さ。黄金伝説に満ちた文明でありながら、略奪し尽くされて黄金の出土品はほとんどない現実。親子連れやカップルでにぎわう館内自体が人類史の展示に思える。

 11/7
長沢芦雪展@愛知県美術館
 無量寺仏間から飛び出し来てくる猫トラと龍のど迫力!照明も素晴らしく、再現展示を極めた感あり。各章満遍なく佳作が揃い、全編が見どころ。愛県美25周年かつ、1年半の休館前最終展として、掉尾を飾るにふさわしい展示。平日開館前から行列ができて、入りも上々。

国宝展@京都国立博物館
 70minutes Waiting Line for National Treasure Exhibition at Kyoto National Museum on Weekday Afternoon.

末法/APOCALYPSE@細見美術館

HIRAKATA T-SITE
 designed as the Cafe and Bookstore Complex, i.e., Latest Urban Living. I grew up around this area, especially my kindergarden is a minute walk from here. This change is really Unbelievable !

 11/8
 House of Nihonbashi by Tadao Ando.

 11/23
Leandro Erlich Seeing and Believing@Mori Art Museum
 Jumping from Window! Exhibit is filled with Wonder!

 White KITTE, Beautiful Color Changes of Christmas Tree !

 Peninsula Tokyo "The Lobby". Not wide enough, but comfortable enough way as the space use.

 11/25
Atsuhiko Misawa's Animal House@The Shoto Museum of Art.
 Five artist's collaboration is too much dense as the exhibition, but really attractive as the live art space. I love it !

 葛飾八幡宮 千本公孫樹 ライトアップ&ジャズ・ライブ

Posted by mizdesign at 23:35 | Category : a3.5 アート 鑑賞記録 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2017年11月26日

●第37回 つくばマラソン

tsukuba_20171125-01.jpg
 11月第4週の日曜日、第37回つくばマラソンを走りました。先月の雨の中でのハーフマラソンから打って変わって、天候は快晴かつ気温も予報ほど上昇せずの絶好のマラソン日和。

 今回は東京駅からの直通バス(予約制)を使って会場入り。東京駅近くのバス乗場に6:25着。バス待ち列に並んで6:50出発。幸い渋滞等なく8時前に会場着。更衣、荷物の預け入れはとてもスムーズに完了するも、L型配置のトイレは大渋滞。スタート直前まで列に並ぶ羽目に。5分前にスタート地点に到着して、9時号砲。

 1分23秒でスタートラインを通過。目標はまずは完走、できれば3時間30分切り。快晴の空の下、とても気持ちが良い。スタートまで少し時間をロスしたので、心持ちペースを上げて、4分30秒台のラップを維持することを目指す。姿勢は胸を張り、お腹を少し引っ込めて、腕を後ろに小さく引くフォームを意識。14kmを通過して1つ目のピットインリキッドを補給。ここまではだいたい計画通り。

 徐々にペースを落としつつも21㎞を通過。このあたりでゴダイゴの銀河鉄道999のブラスバンド演奏が流れて、「さあ、いくぞ!」と気持ちを新たに。28㎞を通過して2つ目のピットインリキッドを補給。「ここから後半戦!」と気持ちを入れるも足は進まない。とにかく姿勢の維持を意識して走り続ける。

 32㎞あたりでつくば名物のロッキーおじさんを見かけて、「つくばマラソンに帰ってきた」ことを実感。ラスト4㎞くらいで「行くぞサブ3.5(?)」というメッセージボードを見て心が熱くなる。「そう、理屈でなく、身体が求めるのだ」。走り続けて3時間28分44秒でゴール。

tsukuba_20171125-03.jpg

測定地点 スプリット ラップ
Start 00:01:23
5km 00:24:37 0:23:14
10km 00:47:32 0:22:55
15km 01:11:03 0:23:31
20km 01:34:50 0:23:47
中間 01:40:06
25km 01:59:02 0:24:12
30km 02:24:09 0:25:07
35km 02:50:39 0:26:30
40km 03:17:11 0:26:32
Finish 03:28:44 0:11:33

tsukuba_20171125-02.jpg
 スタート時間に遅れかけたのは大きな反省材料。絶対遅れないスケジュールが必須。多くのボランティアの方たちに支えてもらって完走できたことに感謝。そして、3時間半を切ったことでリハビリ走も次の段階へ。進めると良いなあ。。。

Posted by mizdesign at 20:13 | Category : b03 マラソン | Comments [0] | Trackbacks [0]